カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見方コメ草だんご7

トランプ大統領 記者会主催の夕食会欠席へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170226/k10010890581000.html

アメリカのトランプ大統領は、大統領が出席するのが恒例となっている年1回のホワイトハウスの記者会主催の夕食会を欠席する意向を明らかにし、メディアとの対立が激しくなる中、対決姿勢を改めて鮮明にしました。

アメリカのホワイトハウスを取材するメディアで作る記者会は、およそ100年前の1920年から年1回、春に夕食会を開催していて、各界の著名人とともに大統領が出席し、ユーモアを交えたスピーチを披露するのが恒例となっています。

トランプ大統領は25日、ツイッターに「ことしのホワイトハウスの記者会の夕食会には出席しない。皆さん、すばらしい夕べを」と投稿し、欠席する意向を明らかにしました。

アメリカのメディアによりますと、この夕食会については、1981年にレーガン大統領が直前に銃撃されて出席しなかったことがありますが、これ以降は歴代の大統領が出席していて、複数のメディアは今回のトランプ大統領の対応は、およそ100年の歴史の中で極めて異例だと伝えています。

トランプ大統領は今回の欠席の理由は明らかにしていませんが、CNNテレビなどを「偽のニュースを流すメディアで国民の敵だ」と批判し、24日にはホワイトハウスがCNNテレビを含む一部のメディアを、報道官への取材の場から締め出しました。

メディアとの対立が一段と激しくなる中、トランプ大統領は今回、夕食会を欠席する意向を示すことで、対決姿勢を改めて鮮明にしたかたちです。

 

見方コメ草だんご8

強姦罪を「強制性交等罪」に…男性も被害対象に

http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20170226-OYT1T50106.html

政府は、性犯罪の厳罰化や被害者の告訴が起訴の条件となる「親告罪」規定の撤廃などを盛り込んだ刑法改正案を今国会に提出する。

3月上旬にも閣議決定し、今国会中の成立を目指す。

改正案では、被害者を女性のみとしてきた強姦ごうかん罪について、男性も被害対象としたほか、性交の類似行為も対象に含めた。それに伴って、罪名を「強制性交等罪」に変更する。強姦罪の法定刑は「懲役3年以上」だが、強制性交等罪では、「懲役5年以上」に引き上げる。強制性交等に関する致死傷は、強姦致死傷罪の「懲役5年以上」から「6年以上」に強化する。

現在、強姦罪や強制わいせつ罪で加害者を起訴するには、被害者の告訴が必要だが、改正案では、この規定を削除する。心身ともに大きなダメージを受けた被害者が告訴するのは負担が大きく、泣き寝入りにつながるケースもあることから、告訴がなくても罪に問えるようにする。

 

見方コメ草だんご9

最近テレビで佳境の、本当はすごい日本の〜の類いの企画も、劣等感の裏返しですね。本当の職人さんは、売れ過ぎる事のリスクも心得ているし、提供物の質を維持できるギリギリの範囲で生産、販売して、生計を立てているものです。別に世間に持て囃されなくても、自分の仕事に打ち込む、邪な雑音に惑わされないから、良いものを作れるのです。その意味では、大量生産で、世界に冠たる産業に発展した自動車産業は日本の底力でしょう。