カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草だんご見方コメ124

草だんご見方コメ125

ソフトバンクの税負担は利益の0.006%! 大企業は法人税を払ってなかった

http://lite-ra.com/2014/10/post-513.html

「大企業がこれらの税金を支払っていれば、消費税を増税するどころか、そもそも消費税の導入さえ必要なかったでしょう。日本の財政赤字もこれほど巨額にならなかったと私は考えています」

 

草だんご見方コメ126

パレスチナガザ地区でたこ揚げ 東北被災地の復興願う

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170306/k10010899811000.html

イスラエルとの対立で厳しい生活が続く中東・パレスチナガザ地区で、東日本大震災から6年となるのを前に、およそ1000人もの子どもたちが、一斉にたこを揚げて、日本の被災地の復興を願いました。

パレスチナ暫定自治区ガザ地区では、東日本大震災が発生した2011年の翌年から毎年3月に子どもたちが日本の被災地の復興を願ってたこ揚げを行っています。ことしも日本の支援で住宅などが建設された「日本地区」と呼ばれる一帯に住む子どもたちおよそ1000人が、広場に集まりました。

そして、合図とともにたこが一斉に空に放たれると、子どもたちからは歓声が上がっていました。ガザ地区は、2014年のイスラエル軍イスラム原理主義組織ハマスとの戦闘で荒廃し、大勢の子どもを含む2100人が犠牲になりました。

現在住宅などの再建が進んでいますが、イスラエルによって人とモノの出入りが厳しく制限されているうえ、慢性的な電力不足で、今も一日の半分以上電気が使えないなど、厳しい生活が続いています。

たこ揚げに参加した14歳の女の子は、「同じように厳しい境遇にあるからこそ、私たちは日本の人々が悲しみを乗り越えるのを支えたい。いつも一緒だと伝えたいです」と話していました。