カウンター

リアル政経先生の秋田小町S

GM党が、第一便所宗教・ko-me党と「連立」を組み始めた理由は、戦後政治の最大の「体裁」であった「土建国家」のシステムが、「機能不全」に陥ったからであり、つまり、学会の「機動力」により、何とか「看板」を維持できたのが、GM党の「実情」なのである…

つまり「第一便所宗教」の存在が無ければ、「K泉政権」の存在も無かったし、「設定宣教師コス政権」も無かった…

つまり、国交大臣を「ポスト」を、ko-me党議員が「歴任」する理由は、象徴的な「バーター」であると。

裏経済のパシリ政権に於ける、時限付きの「延命療法」だったと。

最終的には、カンカンに怒られる「運命」だったのである。