カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田小町見方コメ68

江戸時代、と言っても今の世の中に近いところ…、家斉公の時代以降、

日本は、一応武士が世の中を支配していましたね。

ところがこの時代、武士はものすごく貧乏だったらしいのです。

無論、当時の豪商(今の老舗企業の発祥)や豪農はカネを潤沢に持っていました。

けれど、江戸時代の日本は、こんな状況でも戦乱が起こるわけではなく、安定して淡々と、そしてイキイキと人々は生活していた。

そりゃ、いろんなトラブルはあったでしょうが。

武士が貧乏だったのは、カネ儲けは卑しいものだと言う思想(確か儒教の思想?)があったためですね。今の視点で見れば、当時の武士はバカだと言うことになりますが。

だから、武士は食わねど高楊枝だったのですね。

金儲けと言うか、現在の経済の理屈をもちこんだ、田沼意次勘定奉行の荻原重秀は叩き潰されましたね。

また、豪商たちが、武士を叩き潰して自分たちが世の中を支配しようと思えばできたのにそれをしませんでした。やはり、これもこの思想からなのかなと思います。

反面、ちゃんとヨーロッパの経済システムと同じ発想のシステムを作り上げました。(例えば米の先物取引など)。でもこれは、商人が儲けるためではなく、凶作などのまさかの時、自分の利益のためではなく、人々に対する備えとして作ったものだと聞いたことがあります。

この安定が一気に崩れたのが明治になってからです。

得体のしれないカトウサンが、見えないところから糸を引いて、日本の安定を崩しちゃったのですね。

ジャパネットの高田さん、スズキの鈴木会長も江戸時代の日本人の思想をきちんと受け継いで、かつ発展させておられるお方だと思います。

ちょいと歴史を、その時の視点で振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

 

秋田小町見方コメ69

戦後72年、これほどまでに数々の悪事を働いた政権があっただろうか。

個人にのしかかる税金が不正に使われていても、糾弾できない社会があっただろうか。

教育基本法を完全に無視して、子供たちに一遍の極右教育を許してしまう社会があっただろうか。

私達の税金は、それを許していないはずだ。

sorry政権を葬らない限り、国際社会から見れば三流国から四流国に転落し、もう二度と立ち直れない最悪の事態になってしまうだろう。

 

秋田小町見方コメ70

普通は相手国に撤退しますけれど・・・、とご挨拶をしますよね。

陸自撤退「聞いていない」 南スーダン大統領報道官】

http://www.sankei.com/politics/news/170310/plt1703100052-n1.html