カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻婆茄子見方コメ25

簡潔に言うと世界一のものをつくっても政治しだい・・・ということですよね。

シャープの省電力液晶はNECのノートPCにも使われていて素晴らしいのですが・・・

政治の中枢は相当にですが、企業の中枢にも冷国人菌は繁殖していると想像がつきます。

モータースポーツのF1の世界は技術力より政治力を感じます。

冷国人菌の除菌が進めば、日本メーカーの売上等は倍増すると思います。

しかし、無知層の頭の中の除菌は難しいですが・・・

 

麻婆茄子見方コメ26

精米作業に使う為、樹脂製一体型の取っ手付き軽量カップを ホームセンターで購入した。 袋中の米をカップで救い採ろうとした時、取っ手とカップの接合部が負荷に耐えられず割れて、取っ手がちぎれてしまった。 個体差のある大量生産製品の中からたまたまハズレに当たったのだと考え、買い置いた予備のものに取り換えた。程なくして同様に破損した。100均ショップで見かける中国製を疑い、カップ底のエンボスを見たら、なんとMade in Japan だった。再度、破損した接合部を確認したところ、厚肉化や補強リブなどの処置がされていないことがわかった。設計上のミスだ。単にその会社に技術的継承がなされていないのか、それとも 人件費の安い他国製品との競合の果ての過酷なコストダウンオーダーがもたらした確信犯的な設計だったのか。

少なくとも30年前にはこんな製品が店に並ぶことはなかったように思う。例え一旦並んでも市場の反応で直ぐ様 改良品がフォローされていた様に記憶する。

偽ファラデュのグローバリズムにより荒廃したものは技術ではなく、むしろ、人心であり、哲学であり、倫理であった様に思うのである。

以前、ジャパネットたかたの当時の高田社長の日常の仕事ぶりを追跡取材したテレビのドキュメンタリー番組を見た。自社の製品を たかたに扱ってもらおうと 企業が販売検討会議に持ち込んだ製品の売りは”丈夫さ”だった。高田社長は手渡された電子機器製品(?)を、すかさず躊躇うことなくわざと床に落とし、製品の性能つまり耐衝撃性を確認していた。ことわりなく行われた社長の一瞬の行為に、企業の担当者が言葉を失っている様に見えた。

わたしは、”いつでも本気の人” を見せてもらえた気がした。

知の先生や皆さんが、高田さんの話題にふれる度に、私の頭の中で(別の意味で衝撃的だった)そのシーンがリプレイする。同時に、何事も本気で関われば道は拓けるはずだと思い直すのだ。

 

麻婆茄子見方コメ27

日本の「ものつくり」は、伝統の世界でも残念な状況にあります。

和太鼓、仏像彫刻、お仏壇、桶つくり、竹製品、etc・・・

最近は安価な中国産和太鼓が出回ってしまっている状況。

高齢になっても日本の職人はがんばってます。

後継者を望む!