カウンター

麻婆茄子見方コメ61

冷国人がトランプ大統領が就任したために使えなくなった小型核爆弾を北朝鮮へ持っていき改造するということなんでしょうか?

しかし、米シンクタンクの略称が「ISIS」って。(苦笑)

北朝鮮核兵器の小型化へ物質量産 米シンクタンクが懸念

NHK 3月18日 19時44分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170318/k10010916711000.html

北朝鮮の核開発についてアメリカのシンクタンクは17日、核兵器の威力を高め小型化につながる物質を量産しているとして、強い懸念を示す声明を発表しました。

これは、アメリカのシンクタンク、ISIS=科学国際安全保障研究所が17日に発表したものです。

北朝鮮の核開発をめぐっては、国連安全保障理事会で決議された北朝鮮に対する制裁の実施状況を調べている専門家パネルが今月公表した報告書で、北朝鮮の企業がリチウム6という物質をインターネットで販売していると指摘しています。

リチウム6は核分裂反応を促進して核兵器の威力を高めるためにも使われる物質で、ISISの声明は専門家パネルの指摘に触れたうえで、北朝鮮の核開発の一端を示すものだと主張しています。

そして、「北朝鮮はリチウム6を東部のハムン(咸興)にある工場で量産している。通常の原子爆弾よりも爆発力が大きい水爆かブースト型核分裂爆弾の製造に必要な物質で、核兵器の威力を高め、小型化に道を開くことになる」として、強い懸念を示しています。

 

麻婆茄子見方コメ62

イラン国家安全保障最高評議会、「サウジは世界最大のテロリスト養成国」

http://parstoday.com/ja/news/iran-i27818

 

岡山大院グループがイヌの歯再生成功 「歯胚」使用、ヒトに応用に前進

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00010003-sanyo-sctch

いや、それよりも、STAP細胞の方を活用したら、上手くいくんじゃないかな?

 

集団だから強制ワイセツ罪、暴行罪で現行犯逮捕だろう。

セクハラで8人処分 女性署員にプロレス技

http://mainichi.jp/articles/20170319/k00/00m/040/060000c

渋沢栄一の初の「欧州体験記録」を初公開

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352822.html

ドゥテルテ大統領ドゥテルテ大統領、またもや欧州に暴言

https://jp.sputniknews.com/politics/201703213453290/

独首相の手法は「ナチス」式=トルコ大統領、批判緩めず

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017032000221&g=int

 

麻婆茄子見方コメ63

「留学生受け入れ」について、そのかなりグロテスクな惨状を報じていた記事がありましたので、ご紹介。

十数人の留学生が教室の後方で机を囲む。机上にはトランプが並び、千円札や小銭が飛び交う。「500円賭けろ」「誰が勝った?」

 賭けトランプに興じる学生たちを見て見ぬふりをしながら、教室では教員が授業を続ける。聞いているのは女子学生1人だけ。賭けに参加していない複数の学生もスマートフォンをいじり、授業を聞くそぶりはない。

 昨年2月、外国人が通う福岡県内の専門学校で、学生が隠し撮りした動画だ。この学生は「2015年秋から賭けトランプが横行するようになった。1日2万円儲けた人もいた」と証言する。別の学生は「賭けトランプは学生の一部で今も続いている」と話す。「カジノ学校」とやゆする学生もいる。

 記者が専門学校を運営する学校法人幹部にトランプ賭博の事実を告げると、「全く知らなかった。すぐ改善する」と答えた。

 だが、複数の学生や学校関係者は「そもそも学生が机で寝たり、スマホで映画観賞したりする光景は日常茶飯事」「テストはカンニングし放題で、授業中にうたた寝する先生もいる」と明かす。

 「学校崩壊」がなぜ起きているのか。元職員の一人は「系列の日本語学校の卒業生を囲い込み、専門学校に進学させていることに大きな原因がある」と指摘する。囲い込みとは何か-。

 「どうして書類を出してくれないんだ」「早くしないと願書が間に合わない」。ある年の秋、この専門学校の系列の日本語学校で、学生が進学担当の教員に声を荒らげた。希望する四年制大学の出願に必要な書類を学校側が発行しなかったためだ。

 別の学生は、福岡県外の専門学校に進学しようと書類を申請したが、学校側から「他の学校に行くと準備が大変」と何度も説得され、必要書類が発行されないまま出願期間が過ぎてしまった。

 来日した外国人留学生は、まず日本語学校で2年間学び、専門学校や大学に進学するケースが多い。出願には日本語学校から卒業予定証明書、出席証明書、成績証明書などを発行してもらう必要がある。

 だが、学校側が書類を発行せず、「時間切れ」となってしまうケースが続出している。「希望する他校に出願できなかった学生は1学年に数十人いた」と複数の元職員は証言する。

 この専門学校の定員の8割は系列の日本語学校卒業生が占める。囲い込みの実態は福岡入国管理局も把握し、「本人の自由を奪っており、人権侵害に当たる」と行政指導を繰り返すが、それ以上の手を打っていない。

 囲い込みについて、この幹部は「書類を発行しないことはない。よその学校に進学する学生もいる。意に反したことはしていない」と否定。その上で、「学生が評判の悪い一部の学校に進学を希望した場合、考え直させるようにしているだけだ」と反論する。

 だが、元職員の一人は「上から定員確保のプレッシャーが大きい。他校への受験を積極的に認めれば内部進学者が一気に減る恐れもある」。別の元職員は「内部進学者の目標数値が掲げられている」と証言する。

 専門学校は開校時360人だった定員が、来年度は860人まで急増。「将来的に四年制大学を新設するため文部科学省と協議中」(法人幹部)という。教員態勢が追いつかず、事務職の職員が教壇に立つこともある。

 「嫌だったが、最終的に信じて進学したのに、勉強できる環境じゃなかった。だまされた」と怒る学生。「黒板に向かって独り言をしゃべる状態。嫌気がさして1日で辞める教員もいる」と嘆く現職教員。この悪循環が「学校崩壊」を招いている。ある元職員は匿名を条件にこう告発した。

 「学校が利益ばかりを重視して、出稼ぎ目的の学生をかき集めているところに原因がある。教育機関としてのあり方を根本的に見直さない限り、学生も教員も不幸になるばかりだ」

西日本新聞 2017年02月22日 09時54分