カウンター

ひよこ豆見方コメ10

>日本チームよいタイミングで負けてくれました。

WBCで見えた侍ジャパンの限界?!なぜ土壇場でミスを冒したのか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000007-wordleafs-base

THE PAGE 3/23(木) 7:00配信

もしかすると、日本の先祖達が、わざと負けさせたのかもしれませんね。

先祖達:

「コラーーーッッ!

“球遊び”なんぞに浮かれとる場合か!

しかもその“遊び”を、非人間どもは利用しようとしてるのだぞ?

ましてや、そんな“遊び”ではない、日本や世界の運命を決する戦いである『対冷戦争』が繰り広げられているというのに!

球遊びの選手を応援するヒマがあったら、『真の戦い』に参戦し獅子奮迅の活躍をしておる超真実を応援せんかい!

我が子孫たちよ、いつまで無知蒙昧なままでいるつもりか!?

早く目覚めろ、バカどもが!!」

 

ひよこ豆見方コメ11

キリストにサタン、釈迦に提婆は誰も知っているところであるが、吾々といえどもサタンや提婆が常に根気よく狙っている。面白いことには、時期の切迫につれ、彼ら邪神はいよいよ躍起となって、昨今は獅子奮迅の勢いで活躍していることで本紙にも近頃目立って掲載されているから知らるるであろう。これらによってみても、邪神の運命のもはや目睫に迫っていることが想察さるるのである。ということはキリストの言った最後の世の前夜ともいうべき今である。

 一口に邪神というが、邪神にも大中小種々あって、その頭目は兇党界の支配者で、曇りの多い人間ほど邪気の霊線によって自由自在に操られ、神に対し知らず識らず妨害手段をとるのである。ところが邪神は今日まで何千年間思うままに振る舞って来たので、霊界の転換を知らず今まで通りと思って悪を続けているのである。しかるにいよいよ霊界の転換が寸前に迫ったので、彼らは眼が醒めぬままあわて出したのも無理はないのである。

 ということは、邪神の最も恐れるのは光であって、霊界が昼となるにしたがって光が強烈となるのである。すなわち邪神の恐怖時代が来つつあるのである。それは邪神は光に遭うや萎縮し活躍する力が弱るのである。(中略)以上の理によって、吾々に向かって妨害するものは、◯◯力から発する光を恐れるので、彼ら邪神界は何とかしてこの光を防止しようとあらゆる妨害を行っているので、それが昨今の彼らの慌て方である。しかるに昼の光とは太陽の光線であるから、いかに死に物狂いで防ごうとしても徒労以外の何物でもない。ところがここに何人も警戒しなければならない一大問題がある。それは邪神に加担したものは、最後の審判の場合、永遠に滅ぶる運命者となるのである。故にいよいよとなるや、なにもど後悔しても先に立たずで、滅亡するのは必定である。したがってなによりも今のうち悔悟遷善し、神の大愛に抱かれ、悪から脱却し、善人の仲間に入り、歓喜の生活者となって永遠の生命を得なくてはならないが、それを吾らは奨めて止まない所以である。

 

ひよこ豆見方コメ12

野球で勝ったからなになんだ、それを大々的に報道するメディア!都合よくいきませんでしたね。よかったよかった。