カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこ豆見方コメ55

20年以上も前、越してきたばかりの私に、知り合いになった地元の有力者の息子が、

「あそこの整形外科はいつも保険金詐欺をしてるよ」

と、教えてくれました。

近所ではかなり有名だという。

その後、自分の自動車事故の相手方が、わざわざ遠方なのにその病院に長期にわたって通院したことで、その交通事故保険金詐欺の実態を知ることとなりました。

ちなみに、相手はかすり傷ひとつ負ってない軽微な事故でした。

それから、”病院クチコミサイト” に、その詐欺の手口を詳細に書き込んであげたところ、たくさんの “参考になりました” をいただき…その病院は今にも潰れそうな状況です。

今の時代、悪いことするのって難しいかもしれませんね。

知の時代ですから

その有力者の息子さんはまだ10代なのに、お祖父様にたくさんの同和の話を教わっていて、いかに同和を避けるべきかを叩き込まれていました。

有力者の家なだけに、いままでに同和相手にたくさんの恫喝やトラブルを経験してきたようです。

「屋根瓦にシャチホコが乗っている、派手で大きな家が同和なんだ。そうやって見分ける。あいつらはとにかく下品で、差別を盾に自己主張ばかりする。交通事故の相手にでもなったら最悪。ケガなんかしてなくても、入院費だの慰謝料だのといつまでも取り立てにくる。ヤクザなんだ。ウチの会社では、しっかりと同和じゃないか身元を調べてから雇う。必ずトラブルになるのがわかっているから」

と、徹底した同和差別をしていました。

「この人だけは大丈夫かな、なんて甘くみたらダメ。同和と関わると、絶対に後でひどい目に遭うから。だって、先祖代々常識が全く通用しない奴らなんだ。家を建てるのも運転免許取得費用も給食費も税金も、全部タダなんだよ。知ってましたか?許せない」と。

直接被害にあってきた地域の人間は、お便所悪を身をもって知っています。

私は今頃やっとわかってきましたが。

 

ひよこ豆見方コメ56

[全国初のペット保険詐欺摘発/弁護士法人フラクタル法律事務所]

http://www.rikon-bengoshi.net/column/column_251129.html

ペットは”鳴く”だけです。裏事情を意味ありげに話してしまうかもしれない人間相手とは違い、ペット保険詐欺を朝鮮悪はやりやすいかも。詐欺相手が保険会社である以上、詐欺の構図は同じ? 人間相手の詐欺ノウハウをペット相手に応用しているかもしれません…。詐欺で手に入れた金額の桁は人間相手とは異なり少ないかもしれませんが、

 

ひよこ豆見方コメ57

そもそも保険というものは、まじめな人がせっせと納め、悪党が利用、または使うという一面を持っている。

 集まった保険料は冷国人悪が運用する。

 正当な保険事故と不当な保険金詐欺の間にもグレーゾーンがある。

 労災事故を医者は喜ぶ。

 体験だが、ある社長が仕事場から帰る途中交通事故を起こし、助手席に同乗させていた作業員が足に少し打撲を負った。

 その同乗者が非常に悪い人間だった。

 社長が見舞いに行くと、常にベランダで競馬新聞を見ながら煙草を吸っていたとのこと。

 通勤労災の保険付きということで、医者も好きなだけ入院させた。

「一生面倒見てもらうからな」

 ということを社長は言われ、私に相談をしてきた。 

 私はその病院に電話した。

労災保険の不正利用ではないか?」と。

 見たところ患者は大した打撲ではなく、1年以上も遊んで暮らしていた。

 普段は普通に歩いているのに、病院に行く時だけびっこを引いて演技している旨、病院に率直に申し入れた。

「労働基準局に有体に相談する」

と言ったところ、病院はすぐに対応した。

 社長はゆすられなくなった。

 悪党は「お墨付き」があると水を得た魚のように勢いづいてくる。

 しかし、「お墨付き」が無くなると鳴りを潜める。

 自動車事故には警察の事故証明という「お墨付き」がある。

 これを保険会社も利用して、まじめな加入者の保険の割引料を減らすためか、過剰な修理も認めている節がある。

 身内が運転する車がバックしたら、後ろに止まっていた車に少し当たった。

 相手の車にも自分の車にも、どこにも傷はないのだが、相手方は大騒ぎをして警察を呼び「事故証明=お墨付き」を貰った。

 後日、相手方への「自動車修理代他50万円也」の保険金支払い状況報告書が届いた。

 当然、当方の割引率は下がり、保険料は上がる。

 保険屋さんも、悪い奴らに言われるままに保険金を支払って臭いものに蓋をし、まじめな人たちから保険料をその分余計に徴収すればよいと考えているように思えてならない。