カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたまん見方コメ28

戦争を準備する内閣

経済を壊してメディアを黙らせ

言論を弾圧するため治安維持法

共謀罪は平成の治安維持法

平和の党の癖に公明党

Ji-min党の共謀罪の審議に応じる?

全ては戦争を始める為の行程。

報道しなければ何も起きていない?ことに

なっています。

 

ぶたまん見方コメ29

『戦場における「人殺し」の心理学』と云う本によれば・・・

第二次世界大戦の戦場で、戦闘中に敵に向かって発砲していた兵士は、全体の約15から20%くらいだった。

南北戦争の戦場から回収された27575挺のうち12000挺に複数の弾丸が装填されていた。一発づつ弾丸を込めて使用するマスケット銃の中に複数の弾丸が残留していたと云う事は、周囲の兵士の目を誤魔化す為に、銃を撃たずに弾丸を込める動作だけを繰り返していた、と云う事。

回収された銃の中には23発もの弾丸が残留していたものもあったそうです。

戦場の様な極限状況に於いても、多くの人は人を殺す事に強い抵抗感を持っている事がわかります。ところが・・・

③兵士の約2%は殺人に対する抵抗感を持たず、殺人による精神的ダメージも受けなかった。(アメリカ精神医学会の報告によれば、彼らはソシオパス=反社会性人格障害者なのだそうです)戦場に於いて「英雄」の称号を得られる可能性の高い人たち。

④ ①②の様な実態を踏まえた研究が進み、研究成果に基づく訓練が行われた結果、ベトナム戦争に於いては、90から95%の米兵が敵に向かって発砲出来る様になった。

「殺人」に対する抵抗感や罪悪感を払拭する訓練とは如何なるものなのか?あまり知りたくもない。

喧嘩や戦闘、武術の試合等、「迷わない人」「ためらわない人」は強い。けれども、そのような「無慈悲な強さ」を人として肯定する事は出来ない。

 

ぶたまん見方コメ30

諸外国から見た日本の印象は国民は真面目だが役人、政治家のバカ加減は想像を超えている。