カウンター

リアル政経先生の小春日和I

成年後見制度の落とし穴 遺産相続狙いで制度悪用する新手の「認知症喰い」も

https://dot.asahi.com/wa/2016090100351.html?page=2

(抜粋)昨年7月には、90代の認知症の女性の後見人をしていた渡部直樹元弁護士が、計4100万円を女性の口座から着服していたとして逮捕された。そのほかにも別の認知症の女性ら2人も被害を受けていて、着服額の合計は1億1200万円にのぼった。そのカネは、キャバクラなどに浪費された。

(抜粋)最高裁の調査によると、親族らを含めた成年後見人全体の不正は近年増加傾向にあったが、昨年は前年比で310件減少の521件(被害総額29億7千万円)となっている。一方、昨年の弁護士ら専門職の不正は前年より15件増え、過去最多の37件(同1億1千万円)となっている。

ーーーー

人生、賢く生きるためのコーナー

認知症老人の財産を管理している後見人が、お爺ちゃんの代わりに、お爺ちゃんのお金で、キャバクラで豪遊してくれる、ありがたーい制度です。