カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル政経先生の小春日和L

米が日本に「北朝鮮攻撃」言及

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00355087.html

北朝鮮の核や弾道ミサイル開発をめぐり、アメリカ政府が日本政府に対し、中国の対応によっては、アメリカが北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る可能性を伝えていたことがわかった。

軍事攻撃の可能性への言及があったのは、先週、行われたアメリカと中国の首脳会談より前の4月上旬で、日米の外交筋によると、北朝鮮への対応に関し、アメリカ政府高官は、日本政府高官に対し「選択肢は2つしかない。中国が対応するか、われわれが攻撃するかだ」と述べ、「攻撃」という表現を使って、アメリカの方針を説明した。

このアメリカ政府高官は、この方針が、首脳会談でトランプ大統領から習近平国家主席に伝えられる予定だとも述べた。

アメリカ海軍は8日、原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする艦隊を、朝鮮半島近くに向かわせたと発表した。

中国に具体的な行動を促す狙いがあるものとみられる。

一方、日本の外務省は11日、「直ちに安全に影響がある状況ではない」としつつ、韓国に滞在や渡航する日本人に対して、朝鮮半島情勢に関する情報に注意するように呼びかける、海外安全情報を発表した。

ーーーー

トランプ氏が、カトウサンに残された最後の秘密兵器、北朝鮮への攻撃を示唆し….

カトウサンの手先で、裏北朝鮮の仲間のお便所悪の日本代表であるsorryに、対北攻撃の可能性を伝える。sorryは、宗主国への攻撃を止めてくれとも言えずに、沈黙。第二便所宗教sorryは、邪教の伝手で裏北朝鮮と一番近いところにいる政治家です。

sorryがパシリだと知っているトランプ氏は、有無を言わせず、一方的攻撃通告。

北朝鮮の庇護者だったはずの中国の習近平氏が、トランプ氏の攻撃作戦を容認する方向に….

こんな面白い話、今までなかったです。

お便所悪が一気に殲滅される。本国のお便所悪がくたばれば、箸二本のお便所悪も終焉です。

トランプ氏が、シリアではカトウサンに屈服したように見えた場面もありましたが、まだ、様子を見る必要がありそうです。