カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル政経先生の肉うどんA

弾道ミサイル、続々登場=トランプ政権けん制-北朝鮮

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017041500354&g=int

北のミサイル群、本当に「中身」入ってんのかな?

http://www.afpbb.com/articles/-/3125209?act=all

――――

北朝鮮のミサイル・パレード。

カトウサンのトランプさんに向けた精いっぱいの「虚勢」にしか見えません。

よしんば核兵器を作れても、ICBMを作れても、核弾頭の小型化ができなければ、核をターゲットに運ぶことができない。そんな技術が世界最貧国北鮮風情にあるわけがない。

お便所国の秘密の協力者、sorryが、お便所国のミサイルはサリンなど化学兵器を搭載できるとわざわざ言及したのは、「核が運べなくても脅威はある」と、必死にお便所国を擁護した結果。お便所国を攻撃させないための涙目の言い訳。ウルウル。

実際に、トランプさんがお便所国への攻撃を始めれば、ろくに飯も食っていない兵士は逃げ腰。金正恩は地下100メートルの司令部に隠れるが、トランプさんは、アフガンで試した最強の爆弾GBU-43を平壌にあるだけ全部打ち込み。辛うじて生き残った金正恩は、オシッコちびりまくりで、いざりながら地下トンネルを通って秘密飛行場にたどり着き、号泣しながら、キューバへ亡命行。

だが、離陸後10分で、反金王朝の造反部隊の地対空ミサイルであえなく空中爆発。遺体が養豚場に落下。即時、豚の餌になる。

こんな結末を希望します。一日も早く、北朝鮮の民を解放しましょう。