カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知コぺ・プロ経済選手Twitter Aう

マレーシアの第4代首相。マレーシアの首相の中では最長の22年間を務めた。

欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。

 

日本の外交政策について

「日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。そして、若者は何を目指せばいいのか。日本人には、先人の勤勉な血が流れている。自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい」

と述べている。

 

1992年10月14日に、マハティール首相が香港で行った「日本なかりせば」の演説

第二次世界大戦後の枢軸国であったヨーロッパのドイツとイタリアが平和国家となって復興、繁栄するのは応援、歓迎されたのに、同じように平和国家となった日本と極東の「小さな日本」の経済発展はあまり歓迎されないように見える。  

 

それどころか、ヨーロッパとヨーロッパ社会を移植したアメリカはともに、さまざまな手段を使って東アジア諸国の成長を抑え込もうとしてきた。西側の民主主義モデルの押し付けにとどまらず、あからさまに東アジア諸国の経済の競争力を削ごうとしてきた。  

 

これは不幸なことである。東アジアの開発アプローチから世界は多くのことを学んできた。日本は軍国主義が非生産的であることを理解し、その高い技術とエネルギーを、貧者も金持ちも同じように快適に暮らせる社会の建設に注いできた。質を落とすことなくコストを削減することに成功し、かつては贅沢品だったものを誰でも利用できるようにしたのは日本人である。まさに魔法も使わずに、奇跡とも言える成果を創り出したのだ。日本の存在しない世界を想像してみたらよい。もし日本なかりせば、ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配していただろう。欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買うために、世界の国はその価格を押しつけられていただろう。  

 

また、日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。ヨーロッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けただろう。東アジアでは高度な産業は無理だった。せいぜい質の劣る模造品を作るのが関の山だった。

 

アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げた。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。  

 

もし、日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈していたであろう。富める国はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の言い値で売り続けていたであろう。 

 

日本がなかったらどないなんねんと(マハティール)

イギリスの支配下で何百年間苦しんできた人が解放された時に、モデルとなるのは日本だと(マハティール)

戦後日本は駄目だ駄目だと言うが、外国から見たら凄いんですよ。

 

植民地の中で苦しんだ人達の叫び声です。

やっと日本が我らを解放してくれて、それだけじゃなくて

日本で作られる製品がアメリカやヨーロッパを凌駕した。

もし日本が航空機、旅客機、戦闘機でも、作る事を許されてみなさい、世界一の飛行機を作れますよ

なんでも世界一を作れますよ。絶対飛行機を作らせない。冷国人は怖いんですよ。日本人が怖い

だから日本人の歴史をみんな変えていく。どうしても潰したい国日本。。