カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル政経先生の鴨南そばC

北朝鮮:故金日成主席の生誕105年にあたる軍事パレードで登場させた新型弾道ミサイルは、見せかけだけの「模型」だったとの見方が浮上】

模型ミサイルで軍事力誇示 崖っぷち金正恩のハッタリ作戦(日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203836/1

――――

f:id:chi_chai_rate:20170505003513p:plain

北朝鮮おとぎの国では、ICBM大陸間弾道ミサイルも、新しい通りから見える高層ビルもハリボテ。

ICBMが本物なら、「北朝鮮核兵器をNYにぶち込む能力を持った」ことになる….とも言えないことはない。だが、現実には、中身空っぽの折り紙細工。まあ、ペランペラン高層ビルも、ホンモノなら、たった1年半で完成するわけがない。この模型、正面から見ればなかなかの出来だが、後ろに回るとお尻丸出し。冗談としての評価は高い。吉本興業でもできないスケールのお笑いだ。

しかし、このハリボテ国家に核弾頭を米国に打ち込む能力など、あるわけがない。北朝鮮のケツもちであるカトウサン・冷国人は、北朝鮮の脅威を信じ込んでほしいようだが、そりゃ、無理だ。お笑いでしかない。

すいません、笑っていいですかぁ?

では……..(* ´艸`)クスクス