カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル政経先生の鴨南そばH

上層部は、分かっててやってるとしか思えない。上が腐ってるから下が育たない。

日本郵政>数千億円規模の損失計上へ 豪の会社業績悪化で

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000103-mai-bus_all

毎日新聞 4/20(木) 20:04配信

17年3月期連結決算 海外企業買収でつまずいた形に

日本郵政が、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、17年3月期連結決算で数千億円規模の損失を計上することが20日、分かった。近く発表する。米原発子会社の巨額損失で経営難に陥った東芝に続き、日本郵政も海外企業買収でつまずいた形で、グループ全体の成長戦略の見直しを迫られそうだ。

損失が発生するのは、約6200億円を投じて買収した豪物流最大手「トール・ホールディングス」。日本郵政傘下の日本郵便の子会社になっている。

15年11月に株式上場を果たした日本郵政は、国内の郵便事業が低迷する中、収益力強化に向けて国際物流事業に活路を見いだそうとトールを買収した。しかし、資源価格低迷の影響でオーストラリアの資源貿易が停滞したことなどから、トールの業績は計画を下回る状況が続いている。買収価格に比べてトール企業価値が大きく低下しており、日本郵政は損失計上が必要と判断した。

日本郵政は17年3月期連結決算を5月15日に発表する予定で、2月時点の最終(当期)利益の予想は3200億円。数千億円規模の損失を計上すれば、この予想を下回る可能性が高い。同社広報部は「トールの業績が計画に達していないことから(損失計上の)要否を含めて検討中」とコメントしている。

政府は日本郵政の上場後も約80%の株式を保有している。7月以降、東日本大震災からの復興財源を調達するため、株式を追加売却する予定。今回の損失計上が株価に大きな影響を及ぼせば、追加売却計画の見直しにつながる可能性もある。【浜中慎哉、小川祐希】

ーーーー

日本郵政まで、カトウサン・冷国人の毒牙に掛かっていたのですか。

国内の郵便事業が低迷しているので、豪州の物流最大手トールを6400億円で買収したのに、トールの業績が悪化して、当期利益予想の3200億円が丸ごとすっ飛ぶかもしれない。

日本郵政の職員は、皆、頑張っているのに、トップが間抜けな海外買収など、不慣れなことをやるから、なにもかも失ってしまう。それとも、不良会社をあえて買収して、見返りに幹部がタックスヘブンで大金を貰っていますか?

幹部は、縄で縛って市中引き回しです。