カウンター

クローバ見方コメ21

実の母親が、我が子を殺せる理由の一つは…

死ぬほど憎い男の子供が、容姿ばかりか言動・仕草まで、その男に似てくる事への嫌悪感

…と言われています。

もちろん、その心理状態だけで我が子を殺害できません。

 

クローバ見方コメ22

定例会見「自分でやる」=2週に1回提案-米大統領

【5月13日 時事通信社】「(スパイサー大統領報道官による毎日の)記者会見はやめ、2週間に1回、私が自分で会見する。いい考えだと思う」。トランプ米大統領は12日、FOXニュースのインタビューに応じ、新提案をぶち上げた。

 コミー前連邦捜査局FBI)長官の解任劇をめぐり、米メディアは報道官らの経緯の説明が二転三転したと批判。これにいら立った大統領は「一番いいのは記者会見をやめ、書面で回答することでは?」とツイッターに書き込んでいた。インタビューの発言はこの投稿をエスカレートさせたものだ。

 ツイートについて「本気ではないはずだ」とインタビュアーにただされた大統領は「私は本気だ」と断言。「報道官はいい仕事をしているが、袋だたきに遭っている」とメディアへの不満をぶちまけた。米メディアは「政権の透明性を低下させる動きだ」と新提案に反発、ホワイトハウスに抗議している。時事通信 2017/05/13 11:26(米国)

 

クローバ見方コメ23

冷国人、夢のまた夢。

中国提唱「一帯一路」 きょうから初の国際会議

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170514/k10010980661000.html

中国が提唱する巨大な経済圏構想「一帯一路」をテーマにした初めての国際会議が14日から開かれます。開幕式では習近平国家主席が演説し、構想の実現は地域や世界の経済発展につながると強調して、協力を呼びかけると見られます。

「一帯一路」は、習近平国家主席が提唱した、アジアとヨーロッパをつなぐ巨大な経済圏構想で、中国政府は14日から2日間、これをテーマにした初めての国際会議「一帯一路フォーラム」を北京で開きます。

会議には29か国の首脳を含む130余りの国の代表団などが参加することになっていて、日本からは自民党の二階幹事長や、松村経済産業副大臣、それに経団連の榊原会長らが出席します。

開幕式では習主席が演説し、構想の実現は地域や世界の経済発展につながると強調して、国際的なインフラの整備などによる貿易や投資の拡大を呼びかけると見られます。

中国は今回の会議をことし最も重要な外交イベントと位置づけていて、習主席ら指導部が各国の首脳と個別の会談も行い、中国主導の構想への理解を取りつけ、国際的な存在感を高めたい考えです。

また、中国経済にかつてのような勢いがなくなる中、みずからも貿易や投資の拡大につなげ、経済成長の新たな原動力を模索する狙いがあると見られます。

 

クローバ見方コメ24

20年以上前の話。

工事現場に、自転車に乗って勝手に入ってきて、トラックに積んであった単管パイプに態とぶつかって倒れて、自分の携帯でで救急車を呼び、大騒ぎを巻き起こした男がいた。

ある種の「当たり屋」だ。

「当たり屋」は、総合病院に行って若い女性の眼科医に「網膜剥離の診断書」を書いてもらう手配をした。

「当たり屋」は、

「単管パイプは積み荷から道路側にはみ出しており、何のしるしもしていなかったために、自転車に乗った状態でそこに突っ込み、目の上を『強打』、視力が悪くなった」と主張。

総合病院の若い女性眼科医はその「主張通りの診断書」を書こうとしていた。

私は「当たり屋」が診断書を書いてもらう旨、勝ち誇ったように伝えてきたので、当該病院の事務長のところへ赴き、彼が「当たり屋」であることを伝え、「網膜剥離を今回の事故と直接結びつけるようないい加減な診断書を病院が出せば、その根拠を求めて訴える」と直談判した。

診断書は出なかった。

私は「当たり屋」の病院への送り迎えを毎日させられていたので、その時の大立ち回りを見せて戴いた。

「診断書を出すって言っただろ!なんで出さないんだ!このやろう!・・・」

総合病院のフロント狭しとばかり、喚きちらし、悪態をつき、独壇場の大熱演。

10分ほど、待合所で待ってた50人ほどのギャラリー(通院者)に演技を見せつけアピールした。

事務長さんも、「根っからの当たり屋ですね、当たり屋ってすごいですね」の眼差しでこちらを見てくれた。