カウンター

リアル政経先生の檸檬パイE

【米国ウオッチ】トランプ大統領が気付かぬ本当に「ひどい経済」 (下)

2017-05-17

第1四半期の米国内総生産(GDP)拡大ペースが急減速したことについて、ドナルド・トランプ第45代大統領は「実にひどい」と嘆いて見せた。その上で、「第1、第2四半期は、実際のところ私とは関係ない」と前政権に責任を転嫁し、自らの責任範囲を今年下期以降とする姿勢を示した。

同大統領は将来、この発言を後悔することになるかもしれない。なぜなら、本当に「ひどい経済」は今年下半期以降に徐々に表面化してくる可能性が高いからだ。現下の景気拡大期は来月で8年経過する。1980~82年のダブルディップ型のひどい不況の後、米経済は2007年末までに3回の景気拡大期を迎えたが、その平均寿命は8年。現下の景気拡大期はちょうど過去3回の平均値に一致する。

~~~~

米家計負債が過去最高=金融危機時のピーク超す―NY連銀調査時事通信 5/18(木) 7:00配信

【ニューヨーク時事】ニューヨーク連邦準備銀行が17日発表した2017年1~3月期の全米家計負債調査によると、3月末の総負債残高は前期末比1.2%増の12兆7250億ドル(約1410兆円)と過去最高を更新した。これまでのピークは金融危機の渦中にあった08年9月末の12兆6750億ドルだった。

金融危機後、米国の家計部門は借金返済を優先し、13年6月末に残高は11兆1530億ドルまで圧縮。その後は、雇用改善や低金利の恩恵を受け、負債の拡大基調が続いていた。

08年9月末と比べると、金融危機の発端となった住宅ローンの残高が減少した一方、自動車ローンと学生ローンが大幅に増加。NY連銀は「全体のローン延滞比率は低水準を維持している」と強調するが、自動車ローンや学生ローンでの延滞比率の上昇傾向には注意が必要としている。

ーーーー

トランプさん弾劾で盛り上がる冷国人893社会。

だが….その背後で密かに進む裏米国経済崩壊。迫りくるリーマンショックの再来。しかもさらに大型。

何か、2001式「何が何だか有耶無耶」DV作戦を計画していませんか、カトウサンさん?

やっぱり、金正恩に土下座して、戦争を始めてもらいますか?

そうなると、日本のお便所国人さんたち、名古屋、東京、九州の動向に大注目ですね。

全国津々浦々の知の諸君、第一便所宗教の動向にも注目してください。