カウンター

檸檬パイ見方コメ30

共謀罪の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、西日本新聞は16、17の両日、福岡市・天神の街頭で市民50人にアンケートした。賛成は29人で、うち19人が「テロ対策になるから」と回答。一方で21人が法案の内容を詳しく知らないまま賛成しており、依然、理解が進んでいない実態がうかがえた。

 回答したのは19~77歳の男女50人。法案に対する賛否については、賛成29人、反対9人、「分からない」が12人だった。

 賛成の理由を聞くと、福岡県小郡市の大学生、亀井祐希さん(21)は「テロを未然に防げるならいい」。同様に「テロ対策になる」と挙げたのは29人中19人で、「組織犯罪対策になる」が3人、7人は「何となく賛成」だった。

 反対の理由は「冤罪(えんざい)が怖い」(男性、69歳)、「戦前のような監視社会に戻りそうで怖い」(女性、22歳)など。賛成の人からも、長崎市の会社員久保田晃一さん(49)のように「普段の生活が犯罪行為と警察に誤解される不安もある」との声が聞かれた。

 対象となる犯罪は277で、このうちテロに直接結びつくのは110。大半は暴力団やマフィアを念頭にした組織犯罪で、森林法違反など関連が薄い犯罪も含まれ、対象の絞り込みが論点の一つになってきた。こうした経過を踏まえ、アンケートで「対象犯罪が277あることを知っているか」と尋ねたところ、「知っている」は賛成、反対合わせて13人にとどまった。

 テロ対策を理由に賛成する人が多かった結果について、上智大の田島泰彦教授(メディア論)は「3度も廃案になって国民の印象が悪い共謀罪の議論を避けるため、政府が東京五輪を絡めてテロ対策を前面に打ち出したことが影響している」と分析する。

=2017/05/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞 2017年05月20日 06時00分

>賛成は29人で

>21人が法案の内容を詳しく知らないまま賛成しており

~~~

これが実情です。

賛成してるバカどもも、その法案の内容をぜんぜん把握していない。

なぜか?

本来それを詳しく分かりやすく、そして何よりも「正確に」伝えるべきメディアどもが、真実を伝えていないからです。

もちろん、わざとです。

sorry政権もメディアも便所仲間だからです。

さらに言わせてもらうと、反対されてる方の大多数だって、その認識&知識はぜんぜん甘い!

冤罪?監視社会?戦前回帰?

そこで終わってたら、ダメだって!

sorryらが何のためにそんなことをしてるか、それらを使って何をしようとしているかを正確に知らなければなりません。

さらには、そもそもそんなことをするsorryやその背後にいる冷国人とは何者なのか、ということこそ真っ先に知るべきです!

 

檸檬パイ見方コメ31

うちテレビ無いんで遅れて知ったんだけど、

へー眞子さま婚約したの?

…と思ってたら、

「婚約する見通し」だったんですね。

「婚約する見通し」の時点で大騒ぎしていいの?

芸能人じゃないんだからさー。

こういう事って、完全に決まるまでは勝手に騒がれたら大迷惑ですよね。

本人達が二人そろって「婚約発表会見」するまでそっとしておくのが常識でしょ。

実際眞子さまのお相手の方はマスゴミに追いかけ回されてるみたいだし、すでにウンザリしてる事でしょうよ。

デリケートな問題なのに全く気を使ってないどころか、悪政に注目させない為の「ネタ」に使ってやれって事だから、本人達の気持ちなんかどーでもいいんでしょ。

お便所国人ならではの蛮行ですね。

国民にはバレてますよ。

悪政にひたすら注目してます。

「おめでたい話」はまた全然違う話なので。

 

檸檬パイ見方コメ32

ヨーロッパのハザードはそれほどすさまじかった。

広大な北米も南米も、すべてヨーロッパ人に奪い取られ、そこにもともとあったネイティブの文化はほとんど滅ぼされました。

人命も文化も、場合によっては、文字や言葉も消えてしまった。

何もかも破壊し尽くし、略奪し、消滅させ、しかも、それを「キリストの名の下に」おこない続けたヨーロッパゾンビたち。

その様子は、たとえば、アメリカでは記念日まであるコロンブスの場合は下のような有り様でした。

(中略)

日本語で言うところの鬼畜そのものですが、これはコロンブスだけの場合だったのかというと、そうではないことは歴史の記録でわかります。

「悪魔が乗り移った」かのような蛮行を「神の名において」おこなう。

彼らの数々の蛮行から 500年くらい後、やはりヨーロッパ人の末裔が書き上げた『エクソシスト』という小説があります。これは大ヒットした映画エクソシストの原作ですが、その中に、少女リーガンに対しての悪魔払いをおこなうことになったカラス神父という若い神父が、悪魔払い師のメリン神父に、

「悪霊が人間にとり憑く目的はどこにあるのでしょうか」

と尋ねるシーンがあります。

その答えとして、ヨーロッパ人のメリン神父は以下のように小説の中で答えています。

小説『エクソシスト』(1977年)より

それは誰にも判らないことだ。……しかし、私はこうみている。つまり、悪霊の目的は、とり憑く犠牲者にあるのではなく、われわれ……われわれ観察者が狙いなんだと。

そしてまた、こうも考えられる。やつの狙いは、われわれを絶望させ、われわれのヒューマニティを打破することにある。やつはわれわれをして、われわれ自身が究極的には堕落した者、下劣で獣的で、尊厳のかけらもなく、醜悪で無価値な存在であると自覚させようとしている。

メリン神父は、悪霊(悪魔)が人間にとり憑く理由を、

「私たち人間に、人間と人間社会に対して絶望させるように仕向けることにある」

あるいは、

「人間という存在が、下劣で獣的で、尊厳のかけらもなく、醜悪で無価値な存在であると、人々に自覚させようとしている」

ためだと考えているということになるのだと思います。

コロンブスのおこなった行為は、まさに、この「人間という存在が醜悪で野蛮で無価値なものと、人間に思わさせるため」には十分であり、そういう意味では、ヨーロッパ人の植民地時代というものは、

「悪魔が世界に羽ばたいたとき」

だったと言えそうです。

おそらく、それ以外のなにものでもなかったでしょう。