カウンター

チョコ味見方コメ45

珍風俗「尼デウス」摘発 その驚愕のサービス内容

https://www.j-cast.com/2017/06/01299471.html?p=all

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000003-jct-soci

 頭を丸刈りにした女性が性的なサービスをする派遣型風俗店で、中学生の少女を働かせ客とみだらな行為をさせたとして、風俗店経営者の男(42)が児童福祉法違反(淫行させる行為)などの疑いで愛知県警に逮捕された。

 この男が経営していた風俗店の名前は「尼デウス」。店の公式ウェブサイトでは、「日本唯一の剃髪デリバリーヘルス誕生!究極の世界を堪能したい貴方に…」などとうたっていた。

逮捕ニュースを機に関心高まる

 愛知県警の発表によれば、男が逮捕されたのは2017年5月31日。逮捕容疑は16年12月、18歳未満だと知りながら中学生の少女(当時13歳)を「尼デウス」で雇用し、名古屋市内のホテルで男性客と引き合わせてみだらな行為をさせた疑い。このときの客の男(34)も、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)で逮捕されている。

 日刊スポーツの記事(ウェブ版、5月31日夜配信)によると、この少女は家出中に市内の繁華街で店舗関係者からスカウトされ、16年12月から店に在籍していた。経営者の男は、この少女の髪も剃っていたという。

 こうした事件の概要が各メディアで報じられると、インターネット上では、逮捕された男が経営していた「尼デウス」のサービス内容がにわかに注目を集めることになった。剃髪した女性が集まる風俗店では、一体どんなことをするのか――こうした疑問を抱くユーザーが続出しているのだ。

 6月1日昼現在、すでに「尼デウス」の公式サイトは削除されている。ただ、ページのキャッシュ(履歴)などが多数残っており、その内容は今でも確認することができる。それによると、5月31日時点で在籍していた女性は12人。そのうち11人が頭を丸刈りにしていたようだ。

 通常コースの価格は60分で3万5000円~4万8000円。これにプラス1万円を支払うと、女性の髪を剃ることができる「剃髪コース」か、女性に自分の髪を剃られる「逆剃髪コース」に変更できるシステムとなっていた。

「ツルツル頭を使っての技には定評あります」

 公式サイト上に掲載された在籍女性のプロフィールには、店側からの一言コメントも掲載されていた。例えば、得意プレイが「剃髪攻め」だという20歳女性は、

  「ツルツル頭を使っての技には定評あります。初心者にオススメ」

と紹介されていた。なお、サイト上には女性のプロフィール写真も掲載されていたが、肝心の坊主頭の部分には「モザイク」がかかっていた。

 そのほか、「尼デウス」の従業員とみられる女性が運営していたブログ上には、客が剃髪した女性と「どんな遊び方」をするのか説明した記事もあった。そこに書かれていたのは、次のような文章だった。

  「プレイ前にスキンヘッドで帽子屋に連れていき色々帽子を試着させて、それを離れたところで見て気分を高めてホテルへ行く方がかなりいます」(17年2月17日付記事)

 こうした「尼デウス」のサービス内容について、ツイッターネット掲示板では、

  「世の中にはほんとにいろんな性的嗜好の持ち主がいるのですな」

  「もうなんというか……負けたとしか言いようがない。現実に完敗」

  「それにしてもマニアック過ぎる どんな需要にも答えるんだな風俗業界は」

といった声が出ている。

 

チョコ味見方コメ46

立場や実際の体力など、対峙する相手が教諭よりも弱い(並び格下扱い)と

されている学生・生徒へ好き放題行ない続け、そこから隷従意識を

植え付ける環境を作り上げて行く。

それを実現させられる為の空間を提供するのがスポーツ部活動であるということ。

部活と言う名の職権濫用天国を断じて許してはならない。

剣道合宿で「指導を逸脱した体罰」 元教諭らに賠償命令

http://www.asahi.com/articles/ASK504Q81K50UTIL01X.html

 私立普連土(ふれんど)学園中学・高校(東京都港区)の剣道部の合宿中に体罰を受けたとして、元部員が部顧問だった元教諭や学園などを相手取り、約1280万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、東京地裁であった。朝倉佳秀裁判長は「教育的指導の範囲を逸脱した体罰で違法」と指導の一部を体罰と認め、元教諭ら2人と学園に慰謝料など計約91万円の支払いを命じた。

 判決によると、元部員の女性は高校2年生だった2011年7月、剣道部の夏合宿で部顧問だった女性教諭に防具の胴部分を蹴られて転倒。男性コーチにも竹刀でのどを突かれ、首に2週間のけがをした。

 判決はこれらが体罰に当たるとし、学園にも監督責任を認めたが、女性が主張した心的外傷後ストレス障害(PTSD)と体罰との因果関係は認めなかった。

 学園は翌8月に暴行を把握してコーチを解雇。教諭は減給処分とされ、12年に自主退職した。学園は判決を受けて「コメントは差し控える」としている。(後藤遼太)

 

チョコ味見方コメ47

社会保険料、なんでこんなに高いの?」その気持ち、実は企業も同じ

withnews.jp/article/f0170531004qq000000000000000W06110301qq000015267A

 

チョコ味見方コメ48

欧米893

ソフトバンク前副社長、役員報酬103億円

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170530-OYT1T50086.html

 ソフトバンクグループが昨年6月に退任したニケシュ・アローラ前副社長に支払った2016年度の役員報酬は、約103億円に上ったことが30日、分かった。

 東京商工リサーチによると、1億円以上の役員報酬の開示が上場企業に義務づけられた10年3月期以来、国内の年間役員報酬としては過去最高という。

 ソフトバンクが6月に開く株主総会の招集通知で明らかになった。報酬の内訳で最も大きかったのが退職金で約88億円。基本報酬が約3億円、株式報酬が約12億円だった。アローラ氏は14年9月にソフトバンク入りしており、在籍中の報酬は、契約金を含めると約349億円に達した。

 アローラ氏は15年6月に副社長に就任し、孫正義社長の後継候補とされていたが、トップ就任時期を巡って両者の思惑にズレが生じたとして退任した。